目元のクマを治すためには│美容クリニックに相談しよう

女の人

原因を知ることで

女の人

目の下にできるクマは原因によって色が異なりますので、色と原因について調べるようにしてください。茶色の目のクマは、紫外線による影響で肌にダメージを受けてしまうことが原因です。それだけではなく、目をこする回数が多いメラニン色素が目の下に沈着してしまいます。他には肌が乾燥してしまうことや、化粧品によって肌がかぶれてしまうことも影響するのです。また、茶色のクマの場合は加齢のせいや日焼けだと勘違いすることが多く、見逃して上からメイクしてしまうので気づかない人も多いでしょう。青い色をした目のクマは、目の周りにある毛細血管の血行が悪いことが原因となっています。血行は睡眠不足やストレスなどの生活習慣の乱れで悪くなって、それが目の下のクマとなって現れてしまうのです。他にもパソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けることも関係しますので注意しましょう。最近ではパソコンを使用する仕事が増えていますから、青い目のクマができてしまう人が増えています。黒いクマに関しては体質による原因があります。生まれつき目の脂肪が少ないため、目の下の皮膚がへこんでそれが影となってクマに見えてしまうのです。それだけではなく、目の下を支えている筋肉が衰えてへこみのせいでクマになってしまうのでしょう。体質や加齢による原因ですから、これに関しては防ぎようがないため美容クリニックでしか治療できません。目のクマが発生してしまうのはこのようなことが大きく関わっているため、原因を解消すれば目のクマが出てくるのを防げるはずです。